コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本財団 ニッポンザイダン

2件 の用語解説(日本財団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にっぽん‐ざいだん【日本財団】

競艇の売上金の一部を財源として、社会福祉・教育・文化、船舶・海洋、海外協力援助などの事業を支援する公益財団法人。昭和37年(1962)財団法人日本船舶振興会として設立。平成23年(2011)公益財団法人に移行し、通称として使用していた「日本財団」を正式名称とした。英語名はThe Nippon Foundation。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

日本財団

日本の公益財団法人の一つ。国土交通大臣指定の船舶等振興機関であり、全国のボートレース(競艇)の売上金の2.5%を交付金として得ている。1962年、「財団法人日本船舶振興会」として創設された(初代会長・笹川良一)。74年、海事博物館船の科学館」をオープン。75年よりアニメ一休さん」(テレビ朝日系列)の提供や、笹川良一出演の「火の用心編」「一日一善編」などのCMにより広く知られるようになる。81年より本格的に海外協力援助事業を開始、各国に関連財団を設置した。95年7月、笹川良一が死去し、曽野綾子が会長に就任した。2005年には、第3代会長に笹川陽平が就任している。11年には公益財団法人に移行し、正式名称を「日本財団」とした。ハンセン病対策、ミャンマー支援、福祉・文化・ボランティア活動などを幅広く行っている。16年4月19日には、地震(平成28年熊本地震)で大きな被害を受けた熊本城の修復資金として30億円を提供すると発表した。

(2016-4-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本財団の関連キーワード社会福祉事業法社会福祉施設ソーシャルワーカー社会福祉法人日本福祉大学全国社会福祉協議会売上金在宅福祉仲村優一福祉労働

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本財団の関連情報