日本貸金業協会(読み)ニホンカシキンギョウキョウカイ

デジタル大辞泉「日本貸金業協会」の解説

にほん‐かしきんぎょうきょうかい〔‐かしキンゲフケフクワイ〕【日本貸金業協会】

貸金業の適正な運営と資金需要者の利益保護を目的として、平成19年(2007)に設立された業界自主規制機関。平成18年の改正貸金業法に基づく認可法人消費者金融事業者金融・手形割引業者、クレジットリース信販会社など登録貸金業者の約半数が加入する。会員業者に対して監査監督指導を行い、従わない場合には過怠金などの罰則を科す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android