コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本貸金業協会 ニホンカシキンギョウキョウカイ

2件 の用語解説(日本貸金業協会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にほん‐かしきんぎょうきょうかい〔‐かしキンゲフケフクワイ〕【日本貸金業協会】

貸金業の適正な運営と資金需要者の利益保護を目的として、平成19年(2007)に設立された業界の自主規制機関。平成18年の改正貸金業法に基づく認可法人消費者金融事業者金融手形割引業者、クレジットリース信販会社など登録貸金業者の約半数が加入する。会員業者に対して監査・監督・指導を行い、従わない場合には過怠金などの罰則を科す。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本貸金業協会

07年12月施行の改正貸金業法で設置が定められた業界の自主規制機関消費者金融、信販、カード会社など全国の貸金業登録業者の半数近い2841社(4月現在)が加入する。法の趣旨に沿って貸し出しや出店規制などの自主ルールを定め、会員業者を定期的に監査する。ルールに従わない会員には、最高1億円の過怠金や除名などの処分権限も持つ。協会による検査や監督が不十分な場合は、金融庁が協会を検査する。

(2009-06-08 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本貸金業協会の関連情報