コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本銀行納付金 にほんぎんこうのうふきん

1件 の用語解説(日本銀行納付金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんぎんこうのうふきん【日本銀行納付金】

日本銀行が政府に納付する経理上の剰余金(利益金)。日銀は毎年度の剰余金から法定準備金(損失塡補(てんぽ)および配当準備のため,剰余金の5%),別途積立金,配当金(最高年5%)を差し引いた残額を当年度末後2ヵ月以内にすべて政府(一般会計)に納付しなくてはならない(日本銀行法39条)。こうした全額納付金制度は,銀行券の独占的発行に由来する日銀の剰余金は原則として国庫に帰属すべきであるという考え方に基づいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本銀行納付金の関連キーワード日本銀行日本銀行券国庫剰余金剰余金納付金制度利益剰余金BOJ(Bank of Japan)総剰余金純剰余金資本剰余金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone