コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉野市 たまの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉野〔市〕
たまの

岡山県南部,児島半島東部にある市。 1940年日比 (ひび) 町と宇野 (うの) 町が合体して市制。市名は日比町玉の「玉」と宇野町の「野」の合成。 53年山田村,54年荘内村,55年八浜 (はちはま) 町,74年東児 (とうじ) 町をそれぞれ編入。近世までは港町日比のほかは農漁村であったが,1909年宇野港の築港が完成,翌年国鉄宇野線が開通し,本州と四国を結ぶ国鉄宇高連絡船が就航。 19年玉地区に造船所が設立され,急速に工業化が進展した。日比には銅の製錬所がある。胸上,石島はノリ養殖,山田地区では酪農が盛んなほか内海塩業の製塩工場や農薬工場がある。渋川は岡山県随一の海水浴場で海洋博物館,県立海事研修所がある。常山,金甲山,十禅寺山は瀬戸内海児島湾干拓地の展望にすぐれる。市域の一部は瀬戸内海国立公園に属する。 88年隣接する児島 (倉敷市) と坂出 (香川県) を結ぶ瀬戸大橋開通により宇高連絡船は廃止,現在フェリーが就航している。面積 103.58km2(境界未定)。人口 6万736(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たまの‐し【玉野市】

玉野

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

玉野市の関連キーワード633美の里いの(町)吾北自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)モナクカバキチ契約金の最高標準額

玉野市の関連情報