コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日深 にちじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日深 にちじん

1703-1743 江戸時代中期の学僧。
元禄(げんろく)16年生まれ。日蓮宗。下総(しもうさ)中村(千葉県)の檀林でまなび,京都鷹峰(たかがみね)檀林の化主(けしゅ)となる。のち元政をしたって京都深草の瑞光寺平楽庵に退隠した。天台教学の研究につとめた。寛保(かんぽう)3年10月13日死去。41歳。大坂出身。字(あざな)は観如。号は常在院。著作に「峨眉集」「峨眉集羽翼」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日深の関連キーワード概日リズム睡眠障害(睡眠‐覚醒スケジュール障害)江東区のコミュニティサイクル宮城(きゅうじょう)事件勇者ヨシヒコと悪霊の鍵ソ連侵攻とシベリア抑留魔法少女まどか☆マギカフィリピン邦人殺害事件ホセ カルボ・ソテロ天安門事件(第2次)北九州アパート火災世田谷一家殺害事件お水取り(東大寺)バレンヌ逃亡事件オールナイトフジネムツォフ氏暗殺アニメFree!松本サリン事件マディウン事件血の日曜日事件春日若宮おん祭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日深の関連情報