コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日深 にちじん

1件 の用語解説(日深の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日深 にちじん

1703-1743 江戸時代中期の学僧。
元禄(げんろく)16年生まれ。日蓮宗下総(しもうさ)中村(千葉県)の檀林でまなび,京都鷹峰(たかがみね)檀林の化主(けしゅ)となる。のち元政をしたって京都深草の瑞光寺平楽庵に退隠した。天台教学の研究につとめた。寛保(かんぽう)3年10月13日死去。41歳。大坂出身。字(あざな)は観如。号は常在院。著作に「峨眉集」「峨眉集羽翼」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日深の関連キーワード呉師虔半太夫節小野寺十内竹本座小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志タスコ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日深の関連情報