コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日現 にちげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日現 にちげん

1496-1561 戦国時代の僧。
明応5年生まれ。日蓮宗。両山(鎌倉妙本寺,池上本門寺)9世日純に師事し,武蔵(むさし)仙波(せんば)(埼玉県)の檀林(だんりん)でまなぶ。本門寺妙法坊・大坊の復興につとめ,天文(てんぶん)19年両山11世となる。後年不受不施派先駆者とされる。出身は武蔵池上(東京都),備前(岡山県)の2説がある。永禄(えいろく)4年7月21日死去。66歳。字(あざな)は現海。号は仏寿院。著作に「助顕抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日現の関連キーワード朝日新聞官邸クラブツイッター(@asahi_kantei)アレクサンドル・ボリソヴィチ チャコフスキー林野庁以外の官庁が所管する国有林野アンドラーシュ アルフェルディクライド・ウィリアム トンボーイダルゴ・イ・コスティリャ福島第一原発の放射能汚染水県内の外国籍の児童・生徒東日本大震災の避難者数国王陛下誕生日〈タイ〉林家以外の林業事業体都内の待機児童の状況農業改良普及担当職員リン チャドウィック農家以外の農業事業体シハモニ国王誕生日葛西のW杯500戦コミュニティーFM増加する待機児童県警の被災地応援

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日現の関連情報