コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日産スタジアム

2件 の用語解説(日産スタジアムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

日産スタジアム

神奈川県横浜市港北区にあるスポーツ施設。1998年開設。座席数は約7万2300席。Jリーグ横浜F・マリノス」の本拠地。2002年の第17回FIFAワールドカップの決勝戦(ブラジルドイツ)が行われた。2005年、施設命名権により「横浜国際総合競技場」から名称変更。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日産スタジアム
にっさんすたじあむ

横浜市港北区小机(こづくえ)にある総合運動競技場。国土交通省(旧建設省)が事業を進める「鶴見川多目的遊水地」の上部を利用して、横浜総合運動公園整備事業の中核施設として建設された。3年9か月をかけて1997年(平成9)10月に竣工(しゅんこう)、翌98年3月にオープンした。オープン時の名称は横浜国際総合競技場。2005年3月より現名称。総工費は約603億円。収容可能人員7万2327は国内最大規模である。天然芝のフィールドは107メートル×72メートル。第1種公認全天候型トラックを併設し、陸上競技、サッカー、アメリカンフットボール、ラグビー、文化芸能イベントなどの開催が可能で、2002年開催のワールドカップ韓国/日本大会決勝戦の会場ともなった。
 フィールドは夏芝・冬芝を併用して整えられており、水はけもよく大雨の後でも水たまりはほとんどできない。また、プレーに支障がないように照明灯が配置されており、フィールド上に選手の影が出にくいようにくふうされている。その明るさは、Jリーグ開催時には1500ルクス(ゴール前は2000ルクス)が確保されている。観客席の4分の3は屋根で覆われており、フィールド上では風の影響を受けにくい。また、両サイドのスタンドには約19メートル×9メートルのスクリーンが設置され、空気圧による自動走行カメラも備え付けられている。
 車椅子(くるまいす)用の観戦席147を常設しており、臨時席も含めると632席が確保できる。スタジアムの周辺環境にも配慮し、屋根や壁には吸音板などを使用し、光が周囲に漏れるのを防ぐために照明は屋根の下に設置されている。フィールド芝への散水は屋根に降った雨水を貯留して使っているほか、トイレ洗浄水や植栽などへの散水は、下水処理場の再生水を利用している。[西村幸祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日産スタジアムの関連キーワード神奈川県横浜市港北区大倉山神奈川県横浜市港北区大曽根神奈川県横浜市港北区菊名神奈川県横浜市港北区新横浜神奈川県横浜市港北区高田西神奈川県横浜市港北区樽町神奈川県横浜市港北区新羽町神奈川県横浜市港北区日吉神奈川県横浜市港北区富士塚神奈川県横浜市港北区師岡町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日産スタジアムの関連情報