コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日祐 にちゆう

1件 の用語解説(日祐の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

日祐

没年:応安7/文中3.5.19(1374.6.29)
生年:永仁6(1298)
鎌倉末・南北朝期の日蓮宗の僧。中山法華経寺の教団体制を確立した。千葉胤貞の猶子で日高の弟子となり,日高の没後,中山法華経寺第3世貫主に就任,時に正和3(1314)年,17歳。義父の千葉胤貞の下総,上総(千葉県)にわたる寺領寄進を受けるなどの経済的援助を受け,同寺の教団発展に専心した。その様子は彼の『一期所修善根記録』に詳細である。彼は先師・先祖の追善供養を日々に怠らず修し,併せて仏堂,御影堂などの寺観を整備しながら,足利尊氏への「法門訴訟」を含めて4度も上洛。『本尊聖教録』も作成。<参考文献>中尾尭『日蓮宗の成立と展開』

(佐々木馨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日祐の言及

【法華経寺】より

…当寺は,日蓮の檀越(だんおつ)の富木常忍(ときじようにん)(日常)が出家して,邸を寺とした法華寺と,同じく日蓮の帰依者である大田乗明(じようみよう)の邸跡に建てられた本妙寺とからなり,両寺一主制がとられていたが,戦国時代に合体して法華経寺となった。大寺院としての基礎を確立したのは南北朝期の初めで,千葉胤貞流一族の保護のもとに,3代の日祐(にちゆう)(1298‐1374)が目覚ましい伝道活動を展開したことによる。南関東をはじめ東北,九州にまで教線を伸長させ,中山門流として日蓮宗の一翼を担う勢力を固めた。…

※「日祐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日祐の関連キーワード日通日什日蓮宗法華経寺法華宗一致派勝劣派久保田日亀日祐(1)増田日遠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone