コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華経寺 ほけきょうじ

7件 の用語解説(法華経寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華経寺
ほけきょうじ

千葉県市川市中山にある日蓮宗大本山の一つ。起源は文応1 (1260) 年に豪族の富木胤継が邸内に法華堂を建てて日蓮の講筵としたことによる。胤継は出家して日常と称し,堂を法華寺と号した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほけきょう‐じ〔ホケキヤウ‐〕【法華経寺】

千葉県市川市にある日蓮宗の寺。もと日蓮宗四大本山の一。山号は、正中山。文応元年(1260)富木(とき)常忍(日常)が自邸を寺とした法華寺に始まる。日蓮自筆の立正安国論観心本尊抄(ともに国宝)を所蔵する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法華経寺【ほけきょうじ】

千葉県市川市中山にある日蓮宗大本山。1260年富木常忍(のち出家して日常)が邸内に法華堂を建て,日蓮を請じて講経したのに始まる。日蓮宗四大本山の一つとして栄え,足利氏,北条氏の帰依を受けた。
→関連項目中山日蓮宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

法華経寺

千葉県市川市にある寺院。1260年創建。日蓮宗大本山。本尊は高祖日蓮大聖人、鬼子母神。日蓮宗六大本山のひとつ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほけきょうじ【法華経寺】

千葉県市川市中山にある日蓮宗の大本山。山号は正中山。一般に中山法華経寺または中山の鬼子母神とも呼ばれている。当寺は,日蓮の檀越(だんおつ)の富木常忍(ときじようにん)(日常)が出家して,邸を寺とした法華寺と,同じく日蓮の帰依者である大田乗明(じようみよう)の邸跡に建てられた本妙寺とからなり,両寺一主制がとられていたが,戦国時代に合体して法華経寺となった。大寺院としての基礎を確立したのは南北朝期の初めで,千葉胤貞流一族の保護のもとに,3代の日祐(にちゆう)(1298‐1374)が目覚ましい伝道活動を展開したことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほけきょうじ【法華経寺】

千葉県市川市中山町にある日蓮宗の大本山。山号、正中山。富木常忍(日常)が日蓮を招き法華堂を建てたのに始まる。日蓮自筆の「観心本尊鈔」「立正安国論」などを所蔵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法華経寺
ほけきょうじ

千葉県市川市中山にある日蓮(にちれん)宗の寺。正中山(しょうちゅうざん)と号する。本尊は大曼荼羅(だいまんだら)。日蓮宗五大本山の一つ。東京都池上(いけがみ)の本門寺と並んで関東の大本山である。下総(しもうさ)国守護千葉頼胤(よりたね)に仕える富木常忍(ときじょうにん)が、1282年(弘安5)日蓮が入滅すると自邸を寺として法華(ほっけ)寺と称し、自ら出家して名を日常(にちじょう)と改め、初代貫首(かんじゅ)となった。第2代貫首となった日高(にちこう)は中山にある太田乗明(じょうみょう)の館(やかた)跡に本妙寺を創建し、ここに住みながら法華寺の貫首を兼ねた。本妙・法華両山一主制はこのときに始まるが、両寺が一寺となって法華経寺となるのは1545年(天文14)のころらしい。第3代貫首日祐(にちゆう)以降、豪族千葉胤貞(たねさだ)の一族の外護(げご)に支えられて発展。日蓮作と伝えられる鬼子母神(きしもじん)像は子育ての守護神として信仰を集めている。所蔵の日蓮真筆『立正安国論(りっしょうあんこくろん)』1巻、『観心本尊抄(かんじんほんぞんしょう)』1巻、春日山蒔絵(かすがやままきえ)箱は国宝。日蓮上人(しょうにん)自筆遺文(いぶん)56巻、五重塔、法華堂、四足門(しそくもん)、祖師堂絹本着色十六羅漢像は国重要文化財。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の法華経寺の言及

【鬼子母神】より

…やがて,近世初頭から盛んになる日蓮宗修法の本尊として鬼子母神が定められ,しかも独特な忿怒形(ふんぬぎよう)の鬼形として造顕された。鬼形に総髪合掌形と有角抱児形があるが,中山法華経寺系の修法が中心になったため,総髪合掌形が広まった。さらに旧来の天女形も作られ,鬼形は破邪調伏,天女形は安産子育てとされた。…

※「法華経寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法華経寺の関連キーワード千葉県市川市市川千葉県市川市大町千葉県市川市鬼高千葉県市川市新田千葉県市川市曽谷千葉県市川市宝千葉県市川市中国分千葉県市川市中山千葉県市川市本塩千葉県市川市真間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法華経寺の関連情報