コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米航空交渉 にちべいこうくうこうしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日米航空交渉
にちべいこうくうこうしょう

1952年に調印された日米航空協定は輸送能力の向上した現状にはそぐわない点が多くなった。そこで,旅客と貨物の両面における運航権の見直しを求める日米交渉。過去4回の交渉で日本が増便や新路線の開設などを求めてきたのに対し,アメリカ以遠権を含めた自由化を強硬に主張してきた。 1996年に交渉が再開され,貨物分野については4月,不平等をほぼ解消した内容で合意に達した。しかし6月末からの旅客分野の協議は物別れに終った。焦点となった以遠権について日本側は,1959年に書かれた付属付表によるもので改正は可能であるとし,対するアメリカ側は以遠権は既得権であるとして譲らず,対日制裁を匂わせた。これに日本側も対抗措置をほのめかせて応酬した。このため貨物分野についても流動的な情勢となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日米航空交渉の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日米航空交渉の関連情報