コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日経225先物取引 にっけいにーにーごさきものとりひき

1件 の用語解説(日経225先物取引の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

日経225先物取引

大阪証券取引所に上場されている株式先物のこと。日経平均株価を対象とした先物で、取引単位は日経平均株価の1000倍。日経225の指数をひとつの銘柄と考え、売買を行なう。現物株式取引と異なるのは、決められた月までに取引を終わらせねばならないという取引期限が決められている。限月は3月、6月、9月、12月で、限月の第2金曜日の前日が清算日となり、この時の清算価格がSQといわれる。06年7月から通常の先物取引の10分の1で取引ができる日経225先物miniが開始。取り扱い証券の拡大で個人投資家の利用も増えつつある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日経225先物取引の関連キーワード未公開株式未公開株上場基準場外取引建株日経二二五先物日経平均先物三市場未上場

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日経225先物取引の関連情報