コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文安 ブンアン

デジタル大辞泉の解説

ぶんあん【文安】

室町中期、後花園天皇の時の年号。1444年2月5日~1449年7月28日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんあん【文安】

年号(1444.2.5~1449.7.28)。嘉吉の後、宝徳の前。後花園天皇の代。ぶんなん。

ぶんなん【文安】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんあん【文安】

日本の元号(年号)。室町時代の1444年から1449年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は嘉吉(かきつ)。次元号は宝徳(ほうとく)。1444年(嘉吉4)2月5日改元。1444年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたる1441年(嘉吉1)の4年後で甲子(かっし)の年。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で、変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『晋書(しんじょ)』『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。文安年間の室町幕府の将軍は空位。1441年(嘉吉1)の嘉吉の乱で6代将軍足利義教(よしのり)が赤松満祐(みつすけ)に暗殺された後、長男の足利義勝(よしかつ)が7代将軍となった。義勝は1443年(嘉吉3)に死去、義教三男で義勝の同母弟足利義政(よしまさ)(8歳)が将軍に選出されたが、正式な将軍就任は元服を迎えた1449年(宝徳1)であった。◇「ぶんなん」とも読む

ぶんなん【文安】

⇒文安(ぶんあん)

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

文安の関連キーワード万里小路冬房道朝法親王経覚私要鈔函館八幡宮本阿弥妙本今出川公興今出川教季小笠原宗康東坊城益長宗観(1)滋野井実益千葉胤宣菊池兼朝心田清播篠井全及多鳩神社松田貞清貞常親王九条満家看聞御記

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文安の関連情報