コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田重賢 よしだ しげかた

2件 の用語解説(吉田重賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田重賢 よしだ-しげかた

1463-1543 室町-戦国時代の弓術家。
寛正(かんしょう)4年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)佐々木氏の一族で,蒲生(がもう)郡にすみ,守護六角(ろっかく)氏につかえた。明応のころ日置(へき)流の祖,日置正次からその秘技を伝授され,吉田流をひらいた。天文(てんぶん)12年4月3日死去。81歳。別名に重長,茂長。通称は上野介。号は道宝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田重賢

没年:天文12.4.3(1543.5.6)
生年:寛正3(1462)
戦国時代の弓術家。吉田流の開祖。号は道宝,上野介と称す。近江国(滋賀県)吉田城主吉田秀泰の次男。射芸の達人を求め修行中の明応8(1499)年,吉田八幡宮に参籠の際,満願の暁の夢の中で,白髪の老翁より1本の矢を「是」といって与えられたという。翌9年1月19日には,同地にきた日置弾正正次より日置流の奥秘をすべて授与された。前年の夢は弾正との出会いの予感であり,また弾正にとっても重賢は最良の後継者であった。のち吉田流の始祖となった。<参考文献>日夏繁高『本朝武芸小伝』(新編武術叢書)

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田重賢の言及

【弓道】より

…すなわち15世紀末,日本弓術中興の祖と称される日置(へき)弾正正次が出るにおよび歩射射術が確立し,下級武士や大衆のあいだに広く伝播したのである。正次の日置流はその後吉田重賢の吉田流にすべて受け継がれ,さらに出雲(いずも)派,雪荷(せつか)派,道雪(どうせつ)派,印西(いんさい)派,大蔵(おおくら)派などに分派し,各派からは優秀な射手が輩出し技を競った。また日置流傍系で吉田流の影響を強く受けた竹林(ちくりん)派は尾州,紀州両藩でおおいに繁栄し,とくに江戸時代の通し矢競技にその技を競った。…

【日置弾正正次】より

…59歳で没したが,その終焉の地は高野山,近江,伊賀など諸説ある。正次の打ち立てた革新の射のすべては吉田重賢(吉田流の祖)・重政父子に受け継がれ,後に全国に分流分派していった。【入江 康平】。…

※「吉田重賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田重賢の関連キーワード伊丹直政片岡家清片岡家次木村寿徳日置正次吉田重綱吉田重信吉田重政吉田豊隆吉田業茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone