コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日蓮遺文 にちれんいぶん

世界大百科事典 第2版の解説

にちれんいぶん【日蓮遺文】

御書,御抄,祖書,御妙判ともいう。日蓮の著作,書状図録等の総称。現在伝えられている遺文は,著作・書状493編,図録65編,それ以外に真跡断簡357点を数える。これらの伝存形態は,真跡,写本,刊本の三つで,真跡の残存状態は,完全に現存,ほぼ完全に現存,ある部分が欠失,断片・断簡が現存などで,これにかつて存在したことの明らかなものを準じてよいであろう。写本には,個別遺文の写本と集成された遺文集《録内御書》《録外(ろくげ)御書》があり,個別写本は日蓮の直弟・孫弟子による書写,《録内御書》はほぼ15世紀のころ集成され,その後《録内》未収録のものを《録外》として集成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日蓮遺文の関連キーワード浅井 要麟日祐(1)富木日常浅井要麟小川泰堂宝物集本間氏日蓮宗日朝日導日好日通枉惑日麑日講

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android