コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日要 にちよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日要 にちよう

1575-1623 織豊-江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)3年生まれ。日蓮宗。日遠(にちおん)にまなび,下総(しもうさ)中村(千葉県)の檀林(だんりん)の化主(けしゅ)となる。京都妙伝寺,甲斐(かい)(山梨県)妙法寺をへて元和(げんな)2年甲斐身延山(みのぶさん)久遠(くおん)寺24世。加賀金沢藩主前田利常の母寿福院の援助で五重塔,奥の院祖師堂などを建立した。元和9年7月5日死去。49歳。字(あざな)は観月。号は顕是院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日要の関連キーワードベーコン(豚肉の加工品)モノンガヘーラの戦い5・10日要因マイク ホンダパントテン酸ハル・ノート日欧通商摩擦生物物理学独占禁止法清水蓮成

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日要の関連情報