コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日講 にちこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日講 にちこう

1626-1698 江戸時代前期の僧。
寛永3年3月27日生まれ。日蓮宗不受不施講門派の祖。京都妙覚寺の日習に入門し,のち関東の飯高,中村の檀林(だんりん)でまなぶ。幕府の不受不施派迫害に抗議したため,寛文6年日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原に流された。元禄(げんろく)11年3月10日死去。73歳。京都出身。俗姓は欲賀(ほしか)。字(あざな)は恵雄。号は安国院。著作に「録内啓蒙」「守正護国章」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日講

没年:元禄11.3.10(1698.4.20)
生年:寛永3(1626)
江戸前期の日蓮宗の僧。安国院という。不受不施派講門派の祖。京都妙覚寺日習に師事,のち関東,東北を遊学。日習没後,下総(千葉県)野呂妙興寺檀林(学問所)に招かれ,20世の能化となる。江戸幕府の不受不施派迫害が強化されるとこれに対抗。幕府からの供養を拒否して不受不施を貫こうとしたため,寛文6(1666)年日向(宮崎県)の佐土原へ流罪となる。佐土原では法華経や日蓮遺文,漢籍などの講義を行い,領主をはじめ人々から崇敬を集めた。日蓮遺文に詳しい註釈を加えた『録内啓蒙』は配所で著された。<参考文献>影山尭雄編『日蓮宗不受不施派の研究』

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

日講 (にちこう)

生年月日:1626年7月23日
江戸時代前期の日蓮宗の僧
1698年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

日講の関連キーワードJ.リチャード ジャヤワルダナサンフランシスコ講和条約吉田=アチソン交換公文ジェラルド ウォーナーJ.P. リチャーズ太平洋安全保障条約主権回復の日式典P. スペンダーバッタナ サバンD.D. ラスクH.M. ランゲ対日講和ソ連案ジョンFダレス終戦連絡事務局主権回復の日神代植物公園エルメレンス対日平和条約メーデー事件全面講和運動

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日講の関連情報