日陰・日蔭(読み)ひかげ

精選版 日本国語大辞典「日陰・日蔭」の解説

ひ‐かげ【日陰・日蔭】

〘名〙
① 日光のあたらない所。日光をさえぎる物のかげ。《季・夏》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 世の中で栄えていない場所や地位。出世の機会があまりないことや貧しい生活、隠れ住んでいる場所などのたとえに用いる。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一二五「頼まれぬうき世の中を歎きつつ日かげにおふる身を如何せん〈在原業平〉」
③ 月日。時間。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉「一寸の日かげもむだにすごすな」
※浄瑠璃・曾我五人兄弟(1699頃)二「貧しき日かげの親・兄弟、下部共にも侮らるる」
⑤ 植物「ひかげのかずら(日陰蔓)」の異名。
※書紀(720)神代上「蘿〈蘿。此云比舸礎(ヒカゲ)〉を以て手繦にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android