日高凉台(読み)ひだか りょうだい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高凉台 ひだか-りょうだい

1798*-1868 江戸時代後期の蘭方医。
寛政9年12月10日生まれ。京都で新宮凉庭(しんぐう-りょうてい)に,長崎でシーボルト,吉雄権之助(よしお-ごんのすけ)にまなぶ。大坂で開業し,のち故郷の安芸(あき)(広島県)竹原で眼科の診療に従事した。明治元年9月17日死去。72歳。名は精,惟一。字(あざな)は子精。別号に六六堂など。著作に「和蘭(オランダ)用薬便覧」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

日高凉台 (ひだかりょうだい)

生年月日:1797年12月10日
江戸時代末期の蘭方医
1868年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android