コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高凉台 ひだか りょうだい

1件 の用語解説(日高凉台の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高凉台 ひだか-りょうだい

1798*-1868 江戸時代後期の蘭方医。
寛政9年12月10日生まれ。京都で新宮凉庭(しんぐう-りょうてい)に,長崎でシーボルト,吉雄権之助(よしお-ごんのすけ)にまなぶ。大坂で開業し,のち故郷の安芸(あき)(広島県)竹原で眼科の診療に従事した。明治元年9月17日死去。72歳。名は精,惟一。字(あざな)は子精。別号に六六堂など。著作に「和蘭(オランダ)用薬便覧」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日高凉台の関連キーワード戊辰戦争目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)早竹虎吉(初代)明治東京(都)大隈言道林桜園

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone