日高 第四郎(読み)ヒダカ ダイシロウ

20世紀日本人名事典の解説

日高 第四郎
ヒダカ ダイシロウ

昭和期の教育者 文部事務次官;一高教授。



生年
明治29(1896)年2月16日

没年
昭和52(1977)年12月14日

出生地
東京

学歴〔年〕
京都帝大哲学科〔大正11年〕卒

主な受賞名〔年〕
国際基督教大学名誉博士〔昭和40年〕

経歴
大学卒業後、明治学院高等部、広島高等学校、第三高等学校、第一高等学校などの教授を歴任。昭和21年、文部省学校教育局長となり、戦後の学校制度改革の立案・実施を推進。その後、国立教育研究所所長、文部事務次官に、27年には国際基督教大学教授に就任し、大学院部長、教育研究所長を歴任。41年定年退職後学習院女子短大学長兼学習院副学長を務め45年退職。そのほか日本ユネスコ国内委員、民主教育協会副会長、教育課程審議会会長などをつとめ、戦後日本教育界に大きく貢献した。著書に「教育改革への道」「戦後の教育改革の実態と問題」「日本の教育のあゆみ・ねらい・よりどころ」「民主教育の回顧と展開」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

日高 第四郎 (ひだか だいしろう)

生年月日:1896年2月16日
昭和時代の教育者;官僚。文部省事務次官;国立教育研究所所長
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android