コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日麑 にちげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日麑 にちげい

1757-1824 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦7年生まれ。日蓮宗下総(しもうさ)中村(千葉県)の檀林化主(けしゅ)ののち,紀伊(きい)感応寺住持となる。宗門史や日蓮遺文の真偽問題などの書誌的研究につとめた。文政7年6月5日死去。68歳。字(あざな)は恵亮。号は勇猛院。著作に「祖書考正義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日麑の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちプラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦いシャルル岩倉具選七五三長斎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android