コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新唐書 シントウジョ

大辞林 第三版の解説

しんとうじょ【新唐書】

中国、二十四史の一。唐代の歴史を記した書。二二五巻。北宋の欧陽脩おうようしゆうらの撰。1060年完成。仁宗の詔により「旧唐書くとうじよ」を改修・補正したもの。本紀一〇巻、志五〇巻、表一五巻、列伝一五〇巻。唐書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新唐書
しんとうじょ

唐書」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新唐書
しんとうじょ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新唐書の関連キーワード明珠兼乗も未だ一言に若かず海棠睡未だ足らず大暦の十才子ウラ・チュベ完膚無きまで十七史商榷斗南の一人煙霞の痼疾尚古思想元和姓纂二十一史高階遠成泰山北斗旧唐書十七史欧陽脩地理志羅越国王昌齢童謡

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android