新唐書(読み)しんとうじょ

大辞林 第三版の解説

しんとうじょ【新唐書】

中国、二十四史の一。唐代の歴史を記した書。二二五巻。北宋の欧陽脩おうようしゆうらの撰。1060年完成。仁宗の詔により「旧唐書くとうじよ」を改修・補正したもの。本紀一〇巻、志五〇巻、表一五巻、列伝一五〇巻。唐書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんとうじょ シンタウジョ【新唐書】

中国の正史。二四史の一つ。二二五巻。宋の欧陽脩・宗祁らの奉勅撰。嘉祐五年(一〇六〇)成立。「旧(く)唐書」を改修補正したもの。史実の不足を補い、文章を簡略化している。唐書。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android