コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川千吉郎 はやかわ せんきちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川千吉郎 はやかわ-せんきちろう

1863-1922 明治-大正時代の官僚,実業家。
文久3年6月21日生まれ。加賀金沢藩士の子。明治23年大蔵省にはいり,各種銀行の設立に参画し,貨幣制度調査会幹事となる。33年三井に入社し,のち三井銀行専務理事,常務をつとめ,大正10年満鉄社長。大正11年11月14日死去。60歳。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

早川千吉郎

没年:大正11.10.14(1922)
生年:文久3.6.21(1863.8.5)
明治大正期の大蔵官僚,実業家。加賀藩(石川県)藩士早川恕忠の長男。帝大法科大学,同大学院で学んだのち,松方正義の知遇をえて大蔵省に入省,参事官,書記官,大臣秘書官,貨幣制度調査会幹事,日本銀行監理官などを歴任,明治29(1896)年日清戦争賠償金の受領と整理公債のロンドン上場,32年4分利付英貨公債のロンドンでの発行などに活躍した。33年7月井上馨の推薦により,三井家同族会理事に就任,翌34年10月には死亡した中上川彦次郎の後任として三井銀行専務理事に就任し,同行の預金準備を充実させ,同行を日本銀行借入金への依存から脱却させた。さらに預金に対する消極方針と外国・証券業務の拡充をめざす「フィナンシャー」化路線を推進した。42年三井銀行が株式会社に改組されると筆頭常務取締役に就任,引き続き同行を主宰した。43年の4分利国債引受に当たっては,政府,日本銀行との協議に加わるなど重要な役割を演じた。大正3(1914)年8月三井合名会社参事となり,7年1月三井合名会社副理事長に就任するとともに,三井銀行常務を退任した。9年6月副理事長を辞任,貴族院議員に勅選されたが,10年5月南満州鉄道株式会社社長に就任した。<参考文献>三井文庫編『三井事業史』

(粕谷誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

早川千吉郎の関連キーワード三井高保大正時代報徳会

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android