早期型星(読み)そうきがたせい

百科事典マイペディアの解説

早期型星【そうきがたせい】

恒星のスペクトル温度の高い順に並べた系列において,温度の高いほうに属するO型,B型,あるいはこれらにA型を加えた星の総称。銀河系内では銀河面付近に集中して分布している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうきがたせい【早期型星 early type stars】

恒星は表面温度の高い星から低い星へと一つの系列に沿ってO―B―A―F―G―K―Mと分類される。この系列では習慣的に温度の高い星ほど早期,低い星ほど晩期と呼ばれているが,通常,早期型星とはO型星,B型星,あるいはそれにA型星を加えた星を総称する。表に主系列星超巨星を含む早期型星の特性をおもな例によって示す。早期型星は太陽に比べて表面温度が高いため,従来は彩層‐コロナ構造をもたないと考えられていたが,人工衛星などの観測によると,コロナに似た希薄な高温圏が存在し,高速度の質量流出現象が一般的となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android