コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早期癌 そうきがんearly cancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早期癌
そうきがん
early cancer

癌病巣の増殖の状態の1つ。病巣の増殖は「早期癌」「進行 (中期) 癌」「末期癌」の順に進行する。早期癌が探知できるのは1個の癌細胞が 30回以上分裂 (増殖) を繰返してからとされる。早期癌では,まだ病巣も小さく,深達度や浸潤の程度も軽く,転移もないため,手術による摘出などによって治療成績もよい。発見が早ければ早いほど治療成績が上がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうきがん【早期癌】

癌の進展が局所にとどまっていて、根治的治療の可能性が高いもの。各臓器によって定義されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の早期癌の言及

【癌】より

…リンパ節転移のない時期を第1期,遠隔転移のあるものを第4期とし,その間を2期に分ける。 早期癌はだいたい第1期の癌であるが,臓器により若干慣用による差がある。胃の早期癌は粘膜下層に浸潤がとどまる癌を呼ぶが,この場合は10%くらいは転移のある症例が含まれてしまう。…

※「早期癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

早期癌の関連キーワード大腸ファイバースコープコルポスコープカプセル内視鏡レーザー療法癌リスク検査二重造影法前癌状態胃カメラ可能性直腸癌大腸癌進展局所胃癌