コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早竹虎吉 はやたけ とらきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早竹虎吉 はやたけ-とらきち

?-1868 幕末の芸人。
京都や大坂で興行し,安政4年(1857)江戸両国で独楽(こま)や手品などをとりいれた芸を演じる。のち30人の一座をひきいてアメリカにわたり,慶応3年サンフランシスコなどで日本奇術を披露した。慶応4年1月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の早竹虎吉の言及

【足芸】より

…早くに海外を巡演した者も多く,たとえば江戸新吉原に住む浜碇定吉は,1867年(慶応3)にアメリカを経由してパリ万国博覧会へ出演。一方京都の早竹虎吉は,1866年に渡米して68年に没。その弟が2世虎吉を継ぎ,74年に東京で大評判をとった。…

【見世物】より

…また福招きの人形として知られる〈叶(かのう)福助〉の流行にのって,文化1年(1804)春には,生福助の見世物が最も人気があった。幕末には,竹沢藤治の曲独楽や早竹虎吉の軽業の類が,歌舞伎の所作事の振(ふり)を取り入れて〈高小屋物〉と称して,見世物の第一等の地位を占めた。 明治時代になると,力持,女角力,足芸,猿芝居,ろくろ首,化物屋敷などの従来のもののほかに,西洋から輸入した玉乗り,曲馬,魔術などが加わった。…

※「早竹虎吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早竹虎吉の関連キーワード幕末芸人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android