旻天(読み)ビンテン

大辞林 第三版の解説

びんてん【旻天】

〔「旻」はあわれむ意〕
秋の空。秋天。
空。天。 「休養は万物の-から要求して然るべき権利である/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びん‐てん【旻天】

〘名〙 (「ひんてん」とも)
そら。天。
蘭東事始(1815)下「旻天の冥感にやあらん」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「休養は万物の旻天から要求して然るべき権利である」 〔書経‐大禹謨〕
② 秋のそら。秋の天。
本朝無題詩(1162‐64頃)三・月下即事〈藤原周光〉「月前感緒素難耐、何况旻天三五光」 〔爾雅‐釈天〕
[補注]「旻」は「閔」で、あわれむ、いたむの意がある。万物をあわれみおおうところから「天」、万物の凋落をいたむところから「秋天」の意として用いられると説かれている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android