コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明る アカル

デジタル大辞泉の解説

あか・る【明る】

[動ラ四]
明るくなる。光を放つ。
「やうやうしろくなり行く、山ぎは少し―・りて」〈・一〉
光沢がある。つやがある。
「御服(みそ)は―・る妙(たへ)、照る妙」〈祝詞・祈年祭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかる【明る】

( 動四 )
明るくなる。 「初め火燄ほのお-・る時に生める児、火明命ほのあかりのみこと/日本書紀 神代下訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明るの関連キーワード灯明かり・灯明り・燈明かり・燈明りカンデラ毎平方メートルグーローシェーディングベツォルドの拡散効果フレームバッファーアルゴル型変光星火明かり・火明りANSIルーメンホルムベルク半径グラデーションライトスケープ花を添えるEEカメラアイマスクライトネス星の等級昼を欺く開放F値フレア星絶対等級

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明るの関連情報