コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明合古墳 あけあいこふん

1件 の用語解説(明合古墳の意味・用語解説を検索)

国指定史跡ガイドの解説

あけあいこふん【明合古墳】


三重県津市安濃(あのう)町にある古墳。安濃川中流、経ヶ峰東麓から延びる低丘陵の東端に位置する。1辺約60m、高さ約10mの大型方墳(双方中方墳(そうほうちゅうほうふん))。南北両側には方形の造り出しのある特異な形式で、一部に濠跡が残り、わが国の古墳としてはきわめて特殊なものである。墳丘は2段築成で高さ8.5m、造り出しはそれぞれ長さ8mと13.5mで、周辺には付属する方墳の陪塚(ばいちょう)が5基あって、最大の2号陪塚は保存状態も良好。主墳と陪塚からは円筒埴輪(はにわ)や盾形(たてがた)・蓋形(きぬがさがた)などの形象埴輪が発掘され、古墳時代中期前半(5世紀前半)に築造されたと考えられている。1952年(昭和27)に国の史跡に指定された。近鉄名古屋線津新町駅から三重交通バス「フリー明合」下車、徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の明合古墳の言及

【安濃[町]】より

…安濃には戦国時代に当地を支配した細野氏の居城安濃城跡があり,連部(つらべ)にある善福寺には,重要文化財の木造毘沙門天立像がある。また田端上野には全国的にも珍しい双方中方墳と呼ばれる明合(あけあい)古墳(史)があり,古墳時代前期の築造と推定されている。【上田 雅子】。…

※「明合古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明合古墳の関連キーワード三重県津市安濃町安濃三重県津市安濃町安部三重県津市安濃町荒木三重県津市安濃町太田三重県津市安濃町清水三重県津市安濃町曽根三重県津市安濃町田端上野三重県津市安濃町連部三重県津市安濃町東観音寺三重県津市安濃町前野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone