コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明合古墳 あけあいこふん

国指定史跡ガイドの解説

あけあいこふん【明合古墳】


三重県津市安濃(あのう)町にある古墳。安濃川中流、経ヶ峰東麓から延びる低丘陵の東端に位置する。1辺約60m、高さ約10mの大型方墳(双方中方墳(そうほうちゅうほうふん))。南北両側には方形の造り出しのある特異な形式で、一部に濠跡が残り、わが国の古墳としてはきわめて特殊なものである。墳丘は2段築成で高さ8.5m、造り出しはそれぞれ長さ8mと13.5mで、周辺には付属する方墳の陪塚(ばいちょう)が5基あって、最大の2号陪塚は保存状態も良好。主墳と陪塚からは円筒埴輪(はにわ)や盾形(たてがた)・蓋形(きぬがさがた)などの形象埴輪が発掘され、古墳時代中期前半(5世紀前半)に築造されたと考えられている。1952年(昭和27)に国の史跡に指定された。近鉄名古屋線津新町駅から三重交通バス「フリー明合」下車、徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の明合古墳の言及

【安濃[町]】より

…安濃には戦国時代に当地を支配した細野氏の居城安濃城跡があり,連部(つらべ)にある善福寺には,重要文化財の木造毘沙門天立像がある。また田端上野には全国的にも珍しい双方中方墳と呼ばれる明合(あけあい)古墳(史)があり,古墳時代前期の築造と推定されている。【上田 雅子】。…

※「明合古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明合古墳の関連キーワード円筒埴輪造り出し安濃陪塚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android