陪塚(読み)ばいちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陪塚
ばいちょう

陪冢とも書く。古墳の一種。大きな古墳のそばにあたかもそれに従うようにつくられている小さい古墳をさす。しかし,陪塚と呼ぶ場合には,規模,内容などの点で主体となる古墳となんらかの関係がなければならず,ただ位置が近いというだけでは判断できない場合もある。これらの陪塚には,死者を葬ったと思われるもののほかに,器物だけを埋納したと思われるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陪塚
ばいづか

規模の大きい古墳の周囲に、平面的にみると規則的に配置された形になって築かれている、規模のより小さい古墳。陪冢(ばいちょう)とも陪墳ともいう。陪塚を備えた古墳を主墳というが、前方後円墳が多く、方墳もある。陪塚には前方後円墳、円墳、方墳などがあり、一つの主墳に各種の墳形を交えることもある。古墳時代前期に少なく、中期にもっとも多く、後期にはまた少なくなる。奈良市内のウワナベ古墳やコナベ古墳、大阪府の誉田山(こんだやま)古墳(応神(おうじん)陵に比定)や大山(だいせん)陵(仁徳(にんとく)陵に比定)の陪塚が名高く、調査例のうち塚廻(つかまわり)古墳、カトンボ山古墳、七観山(しちかんやま)古墳では人体埋葬の痕跡(こんせき)が明らかでない。しかし市ノ山古墳(允恭(いんぎょう)陵に比定)の陪塚である長持山(ながもちやま)古墳や唐櫃山(からとやま)古墳には家形石棺があって、人体埋葬があったと推定される。いずれにしても安易に殉死を連想してはいけない。[森 浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陪塚の言及

【陪冢】より

…一般には,主墳の脇につくられた近親者や従者の墳墓をさす。陪塚(ばいづか)ともいう。たとえば,中国では前漢・武帝の茂陵に対する李夫人墓や霍去病(かくきよへい),衛青らの重臣墓が名高い。…

※「陪塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android