コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陪塚 ばいちょう

5件 の用語解説(陪塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陪塚
ばいちょう

陪冢とも書く。古墳の一種。大きな古墳のそばにあたかもそれに従うようにつくられている小さい古墳をさす。しかし,陪塚と呼ぶ場合には,規模,内容などの点で主体となる古墳となんらかの関係がなければならず,ただ位置が近いというだけでは判断できない場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばい‐ちょう【陪塚/陪×冢】

《主人の墓に伴う従者の墓の意》大きな墓のそばにある小さな墓。副葬品を納めるだけのものがある。ばいづか。

ばい‐づか【陪塚】

ばいちょう(陪塚)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばいづか【陪塚】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陪塚
ばいづか

規模の大きい古墳の周囲に、平面的にみると規則的に配置された形になって築かれている、規模のより小さい古墳。陪冢(ばいちょう)とも陪墳ともいう。陪塚を備えた古墳を主墳というが、前方後円墳が多く、方墳もある。陪塚には前方後円墳、円墳、方墳などがあり、一つの主墳に各種の墳形を交えることもある。古墳時代前期に少なく、中期にもっとも多く、後期にはまた少なくなる。奈良市内のウワナベ古墳やコナベ古墳、大阪府の誉田山(こんだやま)古墳(応神(おうじん)陵に比定)や大山(だいせん)陵(仁徳(にんとく)陵に比定)の陪塚が名高く、調査例のうち塚廻(つかまわり)古墳、カトンボ山古墳、七観山(しちかんやま)古墳では人体埋葬の痕跡(こんせき)が明らかでない。しかし市ノ山古墳(允恭(いんぎょう)陵に比定)の陪塚である長持山(ながもちやま)古墳や唐櫃山(からとやま)古墳には家形石棺があって、人体埋葬があったと推定される。いずれにしても安易に殉死を連想してはいけない。[森 浩一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陪塚の言及

【陪冢】より

…一般には,主墳の脇につくられた近親者や従者の墳墓をさす。陪塚(ばいづか)ともいう。たとえば,中国では前漢・武帝の茂陵に対する李夫人墓や霍去病(かくきよへい),衛青らの重臣墓が名高い。…

※「陪塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陪塚の関連キーワード古墳鋸歯文陪冢千足古墳銘文入り刀剣類近藤義郎白石太一郎大塚古墳帆立貝式古墳大鶴巻古墳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陪塚の関連情報