コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明懐 みょうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明懐 みょうかい

988-1072 平安時代中期の僧。
永延2年生まれ。藤原宣孝(のぶたか)の子。母は藤原朝成の娘。奈良興福寺喜多院の林懐(りんかい)に法相(ほっそう)をまなび,京都曼荼羅(まんだら)寺の成尊(せいぞん)から灌頂(かんじょう)をうける。権(ごんの)少僧都に任じられ,興福寺別当となった。延久4年8月2日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明懐の関連キーワードイブン・アンナディーム成尋阿闍梨の母スーフィズムアルフォンソ6世(勇猛王)アルプ・アルスラーン県の国庫補助金返還問題尾張国郡司百姓等解文上東門院デリー能因