コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原朝成 ふじわらの ともなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原朝成 ふじわらの-ともなり

ふじわらの-あさひら

藤原朝成 ふじわらの-あさひら

917-974 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
延喜(えんぎ)17年生まれ。藤原定方の6男。母は藤原山蔭の娘。従三位,中納言となり,皇太后宮大夫をかねた。三条中納言とよばれる。村上天皇につかえ,笙(しょう)をよくした。肥満と大食ぶり,藤原伊尹(これただ)との官職をめぐる争いなどの説話がある。天延2年4月5日死去。58歳。名は「ともなり」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone