コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林懐 りんかい

2件 の用語解説(林懐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林懐 りんかい

951-1025 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。伊勢(いせ)(三重県)度会(わたらい)郡の人。奈良興福寺喜多院の真喜にまなぶ。維摩会(ゆいまえ)講師をつとめ,法華寺別当をへて長和5年(1016)興福寺別当となった。大僧都。門下に明懐,教懐らがいる。万寿2年4月4日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林懐

没年:万寿2.4.4(1025.5.3)
生年:天暦5(951)
平安中期の法相宗の僧。伊勢国(三重県)度会郡の人。大中臣興身の子。興福寺喜多院の真喜に従い,同院に住す。寛弘3(1006)年三会已講の労によって権律師となり,のちに大僧都に昇進。法華寺別当を経て,長和5(1016)年に興福寺別当となる。寺僧濫行の責任によって,一時別当職を停止されたが復任。寛仁3(1019)年藤原道長東大寺で受戒した際には,その教授師を勤めた。治安3(1023)年,藤原頼通が氏寺である興福寺の寺領保全を怠ったとして,頼通主催の法会に出席しなかった。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林懐の関連キーワード隆温大乗院隆温隆範大河内伊勢白粉主恩法相一乗要決仲算平源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone