コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林懐 りんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林懐 りんかい

951-1025 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。伊勢(いせ)(三重県)度会(わたらい)郡の人。奈良興福寺喜多院の真喜にまなぶ。維摩会(ゆいまえ)講師をつとめ,法華寺別当をへて長和5年(1016)興福寺別当となった。大僧都門下明懐,教懐らがいる。万寿2年4月4日死去。75歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林懐

没年:万寿2.4.4(1025.5.3)
生年:天暦5(951)
平安中期の法相宗の僧。伊勢国(三重県)度会郡の人。大中臣興身の子。興福寺喜多院の真喜に従い,同院に住す。寛弘3(1006)年三会已講の労によって権律師となり,のちに大僧都に昇進。法華寺別当を経て,長和5(1016)年に興福寺別当となる。寺僧濫行の責任によって,一時別当職を停止されたが復任。寛仁3(1019)年藤原道長が東大寺で受戒した際には,その教授師を勤めた。治安3(1023)年,藤原頼通氏寺である興福寺の寺領保全を怠ったとして,頼通主催の法会に出席しなかった。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

林懐の関連キーワード経救

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android