明日の百より今日の五十(読み)アスノヒャクヨリキョウノゴジュウ

  • 明日(あす)の百(ひゃく)より今日(きょう)の五十(ごじゅう)

大辞林 第三版の解説

あてにならないものに期待をかけるより、多少は悪くとも確実なものの方がよいということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことわざを知る辞典の解説

明日もらえるはずの百文の銭よりも、今日確実に手に入る五十文のほうがよい。金額は多いが支払いが後になるよりも、少額でもすぐ自分のものになる方がよい。

[使用例] 明日の百より今日の五十文、笑うなかれかれの生活現状は、この語を発するの止むを得ざるものありて存する事を、〈略〉渠等農民は明日の思慮を忘れて今日の五十文に甘んじ、辛うじて一日を過ごし居るなり[横山源之助*日本之下層社会|1899]

[解説] あてにならないものに期待をかけず、確実なものを重視せよ、あるいは、明日はどうなるかわからないから、今を大事にするがよいという教訓にもなります。

〔英語〕A bird in the hand is worth two in the bush.(手のなかの鳥一羽はのなかの二羽に値する)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる