コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明日香親王 あすかしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明日香親王 あすかしんのう

?-834 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の第7皇子。
母は紀若子(きの-わかこ)。弘仁(こうにん)12年(821)三品(さんぼん)にすすむ。親王の籍をはなれることをねがってゆるされなかったが,その子らには久賀朝臣(こがのあそん)の氏姓があたえられた。承和(じょうわ)元年2月13日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明日香親王の関連キーワード仁明天皇承和魚住泊親権県警の被災地応援学館院賀殿後七日の御修法慈尊院真言院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android