コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治文化研究会 めいじぶんかけんきゅうかい

大辞林 第三版の解説

めいじぶんかけんきゅうかい【明治文化研究会】

1924年(大正13)に設立された民間研究団体。吉野作造を会長に尾佐竹猛・石井研堂・宮武外骨らが参加。明治初期の貴重な資料を集成した「明治文化全集」を刊行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいじぶんかけんきゅうかい【明治文化研究会】

大正・昭和期の研究団体。1924年11月,前年の関東大震災で明治期文化財の大量消滅を憂えた吉野作造によって創立され,初期同人には石井研堂尾佐竹猛小野秀雄宮武外骨藤井甚太郎ら8名の民間研究者が加わった。会の目的は〈明治初期以来の社会万般の事相を研究し之れを我が国民史の資料として発表すること〉とした。例会では,同人および研究者の研究,同時代人の回顧談などが発表された。25年2月には雑誌《新旧時代》を発刊,27年2月までに23冊刊行,そのあと《明治文化研究》と改題した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明治文化研究会の関連キーワード竹内綱(たけうちつな)藤井 甚太郎明治文化全集斎藤 昌三石井 研堂吉野 作造西田 長寿神代 種亮尾佐竹 猛宮武 外骨神代種亮柳田 泉超然内閣木村 毅海後宗臣草莽雑誌柳田泉木村毅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android