コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾佐竹猛 おさたけたけき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾佐竹猛
おさたけたけき

[生]1880.1.20. 金沢
[没]1946.10.1. 東京
明治~昭和の司法官,史学者。父は加賀藩士の漢学者。 1899年,明治法律学校を卒業,法学士となり,司法省に入る。東京ほか各地の地方裁判所判事を経て東京控訴院判事,次いで大審院判事となる。 1942年退官。この間,幕末,維新史,明治憲政史の確立に大きく貢献した。尊王史観に対抗し,佐幕的見地から史料実証主義に基づく史実修正に尽力,『明治維新』 (4巻,1942~49) を上梓し,さらに東京大学法学部講師となって吉野作造教授らとともに『明治文化全集』 (24巻) の編纂にあたった。『維新前後における立憲思想』により,法学博士号を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おさたけ‐たけき〔をさたけ‐〕【尾佐竹猛】

[1880~1946]司法官・歴史学者。石川の生まれ。明大教授。大審院判事検事。明治維新史・憲政史を研究し、吉野作造と明治文化研究会を作り、「明治文化全集」の編纂(へんさん)など多くの業績を残した。著「維新前後に於ける立憲思想」「日本憲政史大綱」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

尾佐竹猛【おさたけたけき】

司法官,歴史家。金沢出身。1899年明治法律学校(現,明治大学)卒業後,判事,1924年大審院判事。1942年同検事となり退官。その間明治史,特に憲政史を研究して吉野作造宮武外骨らとともに明治文化研究会をつくり,《明治文化全集》を編集。
→関連項目石井研堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾佐竹猛 おさたけ-たけき

1880-1946 明治-昭和時代前期の司法官,歴史学者。
明治13年1月20日生まれ。福井,東京の地方裁判所判事などをへて,大正13年大審院判事,昭和17年大審院検事。憲政史などの研究者としても知られ,吉野作造らと明治文化研究会を組織。「明治文化全集」全24巻を編集,刊行。明大教授。昭和21年10月1日死去。67歳。石川県出身。明治法律学校(現明大)卒。著作に「日本憲政史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おさたけたけき【尾佐竹猛】

1880‐1946(明治13‐昭和21)
実証主義的な憲政史研究に先鞭をつけた歴史家。司法官。石川県生れ。明治法律学校(現,明治大学)卒業。地裁・控訴院判事を経て,1924年より大審院判事。42年退官。1924年に吉野作造ら8名と明治文化研究会を創立し,《明治文化全集》《幕末明治新聞全集》などを編集。主著に《維新前後における立憲思想》《明治維新》などがあり,《賭博掏摸の研究》ほか,社会史に注目した研究も多い。新史料の発掘や聞書きを利用しての研究が光る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おさたけたけき【尾佐竹猛】

1880~1946) 司法官・歴史学者。石川県生まれ。明治法律学校卒。大審院判事。明治文化研究会主幹。編著「明治文化全集」、著「日本憲政史大綱」「維新前後に於ける立憲思想」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾佐竹猛
おさたけたけき
(1880―1946)

司法官、歴史家。明治13年1月20日、金沢藩士で漢学者の尾佐竹保の長男として生まれる。1899年(明治32)明治法律学校(明治大学の前身)を卒業後、東京、福井、名古屋の各地方裁判所判事を経て、1918年(大正7)東京控訴院判事、24年大審院判事となる。42年(昭和17)12月、後進に道を譲って退官した。地裁判事のころから明治史の研究を始め、『中央法律新報』『法学志林』などに明治文化史、法制史、憲政史などに関する研究を発表し、とくに「維新前後における立憲思想」は高い評価を得て、法学博士となる。24年吉野作造、宮武外骨(みやたけがいこつ)、小野秀雄(ひでお)らとともに明治文化研究会を設立、『明治文化全集』24巻を編集刊行して、明治史研究に大きな功績を残した。自らも厳密な考証に基づく文献主義的学風を確立して、前記著書のほか『明治憲政史大綱』(1938)、『明治憲政史の研究』(1943)をはじめ多くの著書を残した。昭和21年10月1日没。[池田政章]
『『尾佐竹猛全集』全15巻(1948~49・実業之日本社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾佐竹猛の言及

【タロット】より

…したがって組合せの秘密に通じた者は,そこから世界の隠された秘密を自在に読み解くことができるのである。なお,日本の〈うんすんかるた〉との類似に注目する向きもあり,たとえば尾佐竹猛は〈スペインのタロッキーというカルタは,確かに“うんすんかるた”に近い形式である〉(《賭博と掏摸の研究》)と,うんすんかるたのタロット起源を示唆している。トランプ【種村 季弘】。…

※「尾佐竹猛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾佐竹猛の関連キーワード藤井 甚太郎尾佐竹 猛畠山勇子津田三蔵木村 毅地方民会大津事件秘書類纂藩議会編著

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android