コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野秀雄 おの ひでお

2件 の用語解説(小野秀雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野秀雄 おの-ひでお

1885-1977 大正-昭和時代の新聞学者,ジャーナリスト。
明治18年8月14日生まれ。「万(よろず)朝報」「東京日日新聞」記者などをへて,昭和4年母校東京帝大の新聞研究室主任となる。24年東大教授,東大新聞研究所(現社会情報研究所)所長に就任。26年日本新聞学会初代会長。30年新聞文化賞。昭和52年7月18日死去。91歳。滋賀県出身。著作に「日本新聞発達史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野秀雄
おのひでお
(1885―1977)

日本新聞学研究の開拓者。明治18年8月14日滋賀県草津町に生まれる。膳所(ぜぜ)中学校、第三高等学校を経て、1910年(明治43)東京帝国大学文科大学ドイツ文学科を卒業。新聞記者となり『萬朝報(よろずちょうほう)』を経て1917年(大正6)『東京日日新聞』に移る。そのころから新聞の学術的研究を志し、1919年東京帝大大学院に入学、1926年4月東京帝大文学部講師(非常勤)となり新聞学の講義を担当。1929年(昭和4)東京帝大文学部に創設された日本最初の新聞学研究施設である新聞研究室主任となり、1949年(昭和24)同研究室が発展的解消を遂げ新たに東京大学新聞研究所が創設されるやその初代所長に就任。1951年東大退官後上智(じょうち)大学文学部教授、1966年同名誉教授。この間、1951年創立の日本新聞学会初代会長を務め、1967年名誉会長の称号を受けた。また新聞学推進の功労により1955年新聞文化賞を受賞した。昭和52年7月18日死去。著書に『日本新聞発達史』『新聞原論』『かわら版物語』『新聞研究五十年』などがある。[内川芳美]
『『日本新聞発達史』(1922・大阪毎日新聞社・東京日日新聞社) ▽『新聞原論』(1947・東京堂出版) ▽『かわら版物語』(1960・雄山閣出版) ▽『新聞研究五十年』(1971・毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小野秀雄の言及

【新聞学】より

…アメリカの実際的新聞学の系統に属する本で,杉村広太郎(楚人冠)《実際新聞学》(1915)も同類である。その後,日本の新聞学研究が本格化したのは1929年東京帝国大学に日本最初の新聞学研究施設である文学部新聞研究室が創設されて以後のことで,初代主任の小野秀雄はドイツの理論的新聞学を導入し,新聞学の学問的発展の基礎を開いた。しかし,第2次大戦後には,日本の新聞学にもアメリカのマス・コミュニケーション理論が流入し,マス・コミュニケーション科学が新聞学の主流をなし,今日に至っている。…

※「小野秀雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小野秀雄の関連キーワード金井紫雲小高吉三郎嵯峨保二式正次田沢田軒原田譲二布施勝治松宮幹樹村山長挙山田潤二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone