コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治新曲 めいじしんきょく

1件 の用語解説(明治新曲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治新曲
めいじしんきょく

地歌箏曲の分類名称。当道制が廃止された明治4 (1871) 年以後,大阪の目が不自由音楽家が結成した「地歌業仲間」 (1905年当道音楽会と改称) を中心に作曲された,新時代に即応した新作をいう。箏重奏伴奏の歌曲が多く,歌詞は維新後の社会体制を反映した改良唱歌により,調弦法も,明治中期まで流行していた明清楽 (みんしんがく) の影響を受けた陽音階的なものを種々工夫した。菊高検校の『御国の誉』をはじめ,菊末検校の『嵯峨の秋』,寺島花野の『新高砂』,菊塚与市の『明治松竹梅』『三つの景色』,菊芳秋調の『吉野静』などが作られ,明治後期には巣籠地を発展させた「ツルシャン物」 (右手スクイ爪の技巧「ツル」と左手の和音的奏法「シャン」による地) と呼ばれる楯山登の『時鳥 (ほととぎす) の曲』をはじめとする「古今十二曲」がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の明治新曲の言及

【箏曲】より

…その多くは,新時代に即応した改良唱歌により,陽音階の調弦を含む新調弦によるものも多く,箏の2部以上の合奏曲が主流となった。これを〈明治新曲〉という。大正から昭和初期にかけて,東京に進出した宮城道雄や米川親敏(ちかとし)(琴翁)らは,洋楽の技法をも取り入れた創作活動を展開,とくに宮城を中心とする派は,〈新日本音楽〉と称して,単に箏曲のみならず,邦楽全体の新創造を目標とし,以後,箏曲を中心とする創作活動はきわめて活発となり,山田流箏曲家でも,中能島欣一などきわめて現代的な作品を作る者が多くなるとともに,洋楽の作曲家も,箏の作品を書くようになる。…

【日本音楽】より

…その間,洋楽は学校教育に採用されたので,急速に普及することになり,その風潮を反映して邦楽も直接間接洋楽の影響を受けた。その先駆をなしたのは大阪を中心とする箏曲の〈明治新曲〉であり,二部合奏形式を採るなど洋楽的手法も採用した。そして江戸情緒や遊里趣味の歌詞からの脱却は,箏曲ばかりでなく,長唄,常磐津,清元など全体に通ずる新傾向であった。…

※「明治新曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone