コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊芳秋調 きくよし しゅうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊芳秋調 きくよし-しゅうちょう

1868-1913 明治-大正時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
明治元年生まれ。菊池派の菊富池之一に師事。洋楽に通じ,アコーディオンも教授した。横書き三線式の箏曲楽譜を考案し,左手の重音奏法をおりこんだ新箏曲譜を発行するなど,箏曲の改革につくした。大正元年菊好と改姓。大正2年死去。46歳。大阪出身。作品に「吉野静」「三社詣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊芳秋調の関連キーワード大正時代明治新曲地歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android