コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楯山登 たてやまのぼる

4件 の用語解説(楯山登の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楯山登
たてやまのぼる

[生]1876
[没]1926
箏曲家。本名増田重蔵。初名栄寿。楯崎検校と楯沢勾当に師事。 1893年以降作曲活動をし,大阪の明治新曲運動を代表。『凱旋ラッパの曲』『金剛石』『水は器』『新巣籠』『鶴亀』ほか,『時鳥の曲』以下『楯山十二曲』など多作家。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楯山登 たてやま-のぼる

1876-1926 明治-大正時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
明治9年4月生まれ。生田流。楯崎検校(けんぎょう),楯沢勾当(こうとう)にまなび,明治22年楯山栄寿を名のる。明治新曲の代表的作曲家で,左手の和音伴奏をもちいた曲は「ツルシャン物」とよばれた。大正15年5月22日死去。51歳。大阪出身。本名は増田重蔵。代表作に「凱旋ラッパの調」「時鳥(ほととぎす)の曲」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楯山登

没年:大正15.5.22(1926)
生年:明治9.4(1876)
明治大正期の大阪の地歌箏曲家。本名増田重蔵。5歳ごろに失明,8歳のとき楯崎検校に入門。師の没後,楯沢勾当増一に師事。明治22(1889)年楯山栄寿を名乗る。大正2(1913)年まで私立大阪盲唖院(大阪市立盲学校)教諭。明治期に特に大阪で盛んに作曲された新しい箏曲(明治新曲)の代表的作曲者のひとりで,左手の和音伴奏を用いたいわゆる「ツルシャン物」といわれる曲の作者として知られる。和歌をよくし,自作の詞の作曲も多い。代表作に「時鳥の曲」「金剛石」「凱旋ラッパの調べ」「新巣籠」などがある。

(千葉潤之介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たてやまのぼる【楯山登】

1876‐1926(明治9‐昭和1)
大阪の地歌・箏曲家。本名増田重蔵。楯井検校門下の楯沢勾当(こうとう)の弟子。明治新曲の代表者で,左手で和音式伴奏を行う〈ツルシャン物〉の作曲で有名になり,以後ツルシャン物は全国的に流行する。和歌にも長じ,自作の詞も多い。代表曲に《時鳥(ほととぎす)の曲》《金剛石》がある。門下に楯繁一栄(1886‐1973),楯城護(1904‐84)がおり,大阪における地歌・箏曲の伝承系統の一つである中筋の一派である楯筋の芸系を継承している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楯山登の関連キーワード菊原琴治富崎春昇天笠才寿菊高検校菊棚月清菊塚与市古賀城武佐藤正和中川信次松島糸寿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone