コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊塚与市 きくづか よいち

3件 の用語解説(菊塚与市の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊塚与市 きくづか-よいち

1846-1909 明治時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
弘化(こうか)3年生まれ。4歳で失明し,大和(奈良県)から大坂に出,菊仲繁寿一(しげじゅいち)に師事。文久元年菊塚を名のり,勾当(こうとう)となる。明治7年地歌業仲間(のちの当道音楽会)を結成,明治新曲の創作活動の中心となった。明治42年5月7日死去。64歳。通称は菊塚検校(けんぎょう)。作品に「明治松竹梅」「住吉詣」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊塚与市

没年:明治42.5.7(1909)
生年:弘化3(1846)
江戸後期・明治期の地歌箏曲家。与一とも。嘉永2(1849)年4歳で失明,文久1(1861)年に勾当の職格と菊塚の姓を授与された。俗に菊塚検校ともいわれるが,これは当道組織の廃止(1871)後の私的な称号である。明治7(1874)年に地元大阪で地歌業仲間(のちの当道音楽会)を結成し,今日「明治新曲」といわれる新時代の趣向を生かした新曲を多数作曲するなど,当時の箏曲界の推進役を務めた。代表作に「明治松竹梅」「巌上の松」「三つの景色」「住吉詣」など。胡弓を得意としたといわれ,没後追善の歌会が催されるなど,和歌,俳諧の造詣も深かった。

(大貫紀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きくづかよいち【菊塚与市】

1846‐1909(弘化3‐明治42)
明治時代の盲人音楽家。大阪の菊仲繁寿一(1834‐1905)の門人。箏曲における明治新曲運動の代表的作曲家の一人。《千代田の調竹雪の曲》(1901),《明治松竹梅》(1902),《浪花の誉》(1903),《巌上の松》《凱歌の曲》(ともに1904),《三つの景色》(1907)などを作曲。菊塚の姓は,捨次郎(1864‐1921),千楽(1903‐78),敦子(1930‐93)と4世を数える。【平野 健次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊塚与市の関連キーワード菊岡検校葛原勾当楯山登峰崎勾当天笠才寿浦崎検校兼友西園菊高検校長瀬勝男一福永らく

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone