コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊塚与市 きくづか よいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊塚与市 きくづか-よいち

1846-1909 明治時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
弘化(こうか)3年生まれ。4歳で失明し,大和(奈良県)から大坂に出,菊仲繁寿一(しげじゅいち)に師事。文久元年菊塚を名のり,勾当(こうとう)となる。明治7年地歌業仲間(のちの当道音楽会)を結成,明治新曲の創作活動の中心となった。明治42年5月7日死去。64歳。通称は菊塚検校(けんぎょう)。作品に「明治松竹梅」「住吉詣」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊塚与市

没年:明治42.5.7(1909)
生年:弘化3(1846)
江戸後期・明治期の地歌箏曲家。与一とも。嘉永2(1849)年4歳で失明,文久1(1861)年に勾当の職格と菊塚の姓を授与された。俗に菊塚検校ともいわれるが,これは当道組織の廃止(1871)後の私的な称号である。明治7(1874)年に地元大阪で地歌業仲間(のちの当道音楽会)を結成し,今日「明治新曲」といわれる新時代の趣向を生かした新曲を多数作曲するなど,当時の箏曲界の推進役を務めた。代表作に「明治松竹梅」「巌上の松」「三つの景色」「住吉詣」など。胡弓を得意としたといわれ,没後追善の歌会が催されるなど,和歌,俳諧の造詣も深かった。

(大貫紀子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくづかよいち【菊塚与市】

1846‐1909(弘化3‐明治42)
明治時代の盲人音楽家。大阪の菊仲繁寿一(1834‐1905)の門人。箏曲における明治新曲運動の代表的作曲家の一人。《千代田の調竹雪の曲》(1901),《明治松竹梅》(1902),《浪花の誉》(1903),《巌上の松》《凱歌の曲》(ともに1904),《三つの景色》(1907)などを作曲。菊塚の姓は,捨次郎(1864‐1921),千楽(1903‐78),敦子(1930‐93)と4世を数える。【平野 健次】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android