明治東京地震(読み)メイジトウキョウジシン

デジタル大辞泉の解説

めいじ‐とうきょうじしん〔メイヂトウキヤウヂシン〕【明治東京地震】

明治27年(1894)6月20日に発生した東京湾北部を震源とする地震。震源の深さ約40~60キロメートル、地震の規模はマグニチュード7程度。東京・横浜・川崎で死者計31名。煉瓦(れんが)造りの建物が被害を受けたほか、煙突倒壊が多く、「煙突地震」ともよばれた。首都直下型地震同種のものと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android