コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首都直下型地震 シュトチョッカガタジシン

2件 の用語解説(首都直下型地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅとちょっかがた‐じしん〔シユトチヨクカがたヂシン〕【首都直下型地震】

関東地方南部の首都圏でその発生が想定されている直下型地震。安政2年(1855)の安政江戸地震、明治27年(1894)の明治東京地震などのマグニチュード7クラスの規模の地震を指し、ふつう相模トラフ沿いを震源とする関東地震は含まれない。南関東直下型地震首都圏直下型地震

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

首都直下型地震【しゅとちょっかがたじしん】

東京湾北部を震源と想定される地震と立川断層帯を震源と想定される地震。後者を多摩直下型地震ともいう。南関東直下地震である。フィリピン海プレート北アメリカプレートの下に沈みこんで形成されている相模トラフの北側の幅最大150kmの領域を震源域とする巨大地震も想定されていて関東地震と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

首都直下型地震の関連キーワード首都圏マアーン皂莢虫大マニラたれ消費者事故関東地震首都圏でも都心回帰地震で想定される火災避難勧告の発令基準

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首都直下型地震の関連情報