コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎 かわさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川崎
かわさき

岩手県南端,一関市中南部の旧村域。北上川東岸に位置する。 1956年薄衣村,門崎村が合体して川崎村が成立。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,東山町,室根村の6市町村と合体して一関市となった。地名は中世以来のもので由来に諸説がある。大部分は標高 350m前後の丘陵で,耕地は南流する砂鉄川,西流する千厩川の流域にわずかに開ける。古くから水害に悩まされてきたが,薄衣地区に堤防が築かれてから水稲栽培が安定。タバコ栽培のほかに,乳牛飼育やリンゴ栽培も行なわれている。

川崎
かわさき

静岡県南部,牧之原市北部の旧町域。駿河湾西側に面し,勝間田川の河口に位置する。 1889年町制施行。 1955年2村と合体して榛原町に,2005年相良町と合体して牧之原市になった。河港のある中心集落の静波は,江戸時代掛川藩の年貢米積出港として栄えた。海水浴場として知られ,付近には勝間田城跡,石雲院,竜眼山の旧跡がある。海岸沿いは御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわさき【川崎】[地名]

神奈川県北東部の市。多摩川の南岸にあり、東海道の宿場町として発展。京浜工業地帯の中核をなす大工業地。昭和47年(1972)指定都市。人口142.6万(2010)。
川崎市の区名。川崎大師の門前町。
[補説]川崎市の7区
麻生区、川崎区、幸区高津区多摩区中原区宮前区

かわさき【川崎】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「川崎」姓の人物
川崎九淵(かわさききゅうえん)
川崎(かわさき)のぼる
川崎洋(かわさきひろし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわさき【川崎】

神奈川県北東部の市。東は東京湾に面し、西は多摩丘陵に及ぶ。指定都市。海寄りは大工業地帯、内陸部は住宅地。
宮城県南西部、柴田郡の町。山林地帯で笹谷街道が通ずる。青根温泉・峨々がが温泉がある。
福岡県中部、田川郡の町。炭坑町として発達したがすべて閉山。

かわさき【川崎】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川崎
かわさき

岩手県南部、東磐井(いわい)郡にあった旧村名(川崎村(むら))。現在は一関(いちのせき)市のほぼ中央部に位置する地域。1956年(昭和31)薄衣(うすぎぬ)、門崎(かんざき)の2村が合併して成立。2005年(平成17)一関市に合併。JR大船渡(おおふなと)線、国道284号が通じる。北上川に注ぐ砂鉄(さてつ)川、千厩(せんまや)川流域に耕地が開ける。かつては水害常襲地であったが、河川改修が進んだ。薄衣地区は北上川舟運の河港として栄えた。米作、葉タバコ栽培、養蚕、製糸が盛んであったが、養蚕、製糸は衰退した。テッポウユリを特産する。神楽(かぐら)をはじめ伝統芸能の継承に力を入れ、北上大橋下流の花火大会は有名。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川崎の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区渡田山王町神奈川県川崎市中原区木月住吉町神奈川県川崎市川崎区田辺新田神奈川県川崎市川崎区渡田東町神奈川県川崎市川崎区渡田向町神奈川県川崎市川崎区渡田新町神奈川県川崎市川崎区大師河原神奈川県川崎市川崎区四谷下町神奈川県川崎市川崎区大島上町神奈川県川崎市川崎区四谷上町神奈川県川崎市川崎区駅前本町神奈川県川崎市川崎区南渡田町神奈川県川崎市川崎区大師公園神奈川県川崎市川崎区浅野町神奈川県川崎市川崎区大師町神奈川県川崎市川崎区東扇島神奈川県川崎市川崎区川中島神奈川県川崎市川崎区小田栄神奈川県川崎市川崎区富士見神奈川県川崎市川崎区池上町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川崎の関連情報