明治生命館(読み)めいじせいめいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都千代田区にある生命保険会社の本社ビル。 1934年竣工。明治以来の半世紀にわたる様式建築習熟の頂点とされる。設計は様式建築の鬼才といわれる岡田信一郎。ルスティカ石積みのベースメント,5階分通したコリント式の大オーダー,2段重ねのアティックという3層構成による堂々たるファサードとともに,秀逸な全体のプロポーション,細部装飾の充実が目を引く。構造設計は内藤多仲が担当,設備は所員をアメリカに派遣して最新技術の導入をはかった。岡田遺作となったこの建物の完成を見ることなく 32年永眠した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治生命館の関連情報