コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明詮 みょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明詮 みょうせん

789-868 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)8年生まれ。大原桜井の孫。大和(奈良県)の人。奈良元興(がんごう)寺の施厳,仲継について法相(ほっそう)をまなぶ。嘉祥(かしょう)3年(850)清涼殿で四宗の学僧が宗義を論じたとき,法相宗代表となる。玄奘(げんじょう)を尊崇し,元興寺に玉華院を建立して弥勒(みろく)仏をおさめた。大僧都。貞観(じょうがん)10年5月16日死去。80歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明詮の関連キーワードフェスブログ地域ブランド王貞治伴善男秘府略源信王貞治巨勢金岡出雲広貞

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone