明詮(読み)みょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明詮 みょうせん

789-868 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)8年生まれ。大原桜井の孫。大和(奈良県)の人。奈良元興(がんごう)寺の施厳,仲継について法相(ほっそう)をまなぶ。嘉祥(かしょう)3年(850)清涼殿で四宗の学僧宗義を論じたとき,法相宗代表となる。玄奘(げんじょう)を尊崇し,元興寺に玉華院を建立して弥勒(みろく)仏をおさめた。大都。貞観(じょうがん)10年5月16日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android