コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準正 じゅんせいlegitimation

翻訳|legitimation

5件 の用語解説(準正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準正
じゅんせい
legitimation

非嫡出子が父母の法律上の婚姻により,嫡出子としての地位を取得すること。非嫡出子は認知によって父との間に法的な親子関係を生じるが,さらに父母の婚姻により嫡出子となる機会を与えることは,子の利益にもなり父母の法律上の婚姻を促すことにもなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

準正【じゅんせい】

嫡出でない子が嫡出子の身分を取得する制度(民法789条)。父に認知された非嫡出子がその父母の婚姻により,婚姻の時から嫡出子の身分を取得する場合と,嫡出でない子の母と父とが婚姻し,その後に認知がなされ,認知の時から嫡出子の身分を取得する場合の2種がある。
→関連項目私生子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんせい【準正】

〘法〙 婚姻関係にない父母から生まれた子が嫡出子としての身分を取得すること。認知後の父母の婚姻によるものと、父母の婚姻後の認知によるものがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準正
じゅんせい

嫡出でない子が、その父母の婚姻を条件として、嫡出子になることを準正または後婚認正という。現行民法上、準正には、父の認知した子が父母の婚姻によって嫡出子となる場合(婚姻準正)と、婚姻前に子をもうけた父母が婚姻し、やがて父が子を認知することによって嫡出子となる場合(認知準正)とがあり、死亡した子についても同様である(民法789条)。いずれの場合を問わず、子は父母の婚姻のときから嫡出子としての身分を取得し、準正と同時に子は父母の氏を称すると解されている。また、日本人と外国人との間の20歳未満の準正された子は、一定の場合、法務大臣に届け出て、日本国籍を取得することができる。[山本正憲・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の準正の言及

【嫡出子】より

…このような立場では,嫡出子とは〈妻が夫によって懐胎せしめられ,婚姻中に出生した子〉とされる。嫡出子には〈生来の嫡出子〉と〈準正による嫡出子〉とがある(準正については後述)。
[嫡出性付与の要件]
 嫡出子とは懐胎されてから出生するまでの間のいずれかの時期に,法律上の婚姻関係にあるか,あるいはあった父母の子である。…

※「準正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

準正の関連情報