コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星菫派 セイキンハ

デジタル大辞泉の解説

せいきん‐は【星×菫派】

天の星や地の菫(すみれ)に託して恋愛をうたった浪漫派詩人の一派。明治30年代の与謝野鉄幹晶子を中心にした明星派の人たちをさす。
優美で可憐な詩風叙情詩人や、そうした傾向のある人のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいきんは【星菫派】

明治30年代、与謝野鉄幹・晶子夫妻を中心に「明星」によった浪漫派詩人の一派。星や菫すみれによせて恋をうたう、という表現傾向から命名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

星菫派の関連キーワードすみれ一派明星

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android