明星派(読み)ミョウジョウハ

  • みょうじょうは ミャウジャウ‥
  • みょうじょうは〔ミヤウジヤウ〕

大辞林 第三版の解説

雑誌「明星」によった人々。鉄幹・晶子を中心に、自我の解放と官能の賛美と夢幻美をうたい、浪漫主義文学運動の中心となった。星菫せいきん派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雑誌「明星」によった人々。恋愛至上主義的傾向の強い浪漫風の詩人・歌人の一派。→星菫(せいきん)派
※日本‐明治三八年(1905)二月二七日「明星派文士は『君死に給ふ事勿れ』を辯護すべく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明星派の関連情報