コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星襄一 ほし じょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星襄一 ほし-じょういち

1913-1979 昭和時代後期の版画家。
大正2年9月27日生まれ。台湾で初等教員をつとめる。戦後版画を独習し,40歳をすぎて武蔵野美術学校(現武蔵野美大)を卒業。昭和34年国画会展で国画賞。35年から東京国際版画ビエンナーレ展,サンパウロ-ビエンナーレなどに出品。星座,雪,樹などをモチーフ木版画を制作した。昭和54年6月17日死去。65歳。新潟県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星襄一の関連キーワード牧野省三[各個指定]芸能部門近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキーカフカセネットキリバス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android