コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星襄一 ほし じょういち

1件 の用語解説(星襄一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星襄一 ほし-じょういち

1913-1979 昭和時代後期の版画家。
大正2年9月27日生まれ。台湾で初等教員をつとめる。戦後版画を独習し,40歳をすぎて武蔵野美術学校(現武蔵野美大)を卒業。昭和34年国画会展で国画賞。35年から東京国際版画ビエンナーレ展,サンパウロ-ビエンナーレなどに出品。星座,雪,樹などをモチーフに木版画を制作した。昭和54年6月17日死去。65歳。新潟県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星襄一の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史次郎長三国志日豊本線記録文学スミッソン(夫妻)流れる松原のぶえ白都真理

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星襄一の関連情報